薬剤師ってどういう業務をするのか、紹介します。 1.調剤 2.服薬指導 3.医薬品管理 薬剤師は、主にこのような業務を行っています。 まず、調剤についてですが、薬剤師というと、調剤というイメージがあるのではないでしょうか? この調剤というのは、一部例外はあるものの、基本的には薬剤師のみができる業務となります。 医療用医薬品を調剤して、患者さんにお渡しします。 その際、薬や患者さんの体調、他に薬を服用しているかどうかなども、確認しなくてはいけません。 次に、服薬指導というのは、薬を患者さんにお渡しする時に、処方された薬に関して、しっかりと説明することです。 患者さんの健康状態を確認し、丁寧にわかりやすく、薬に関する注意点や服用方法などを説明します。 その他にも、どのようにすれば体に負担がかからないかなどのアドバイスも行うでしょう。 最後に、医薬品管理についてです。 医薬品には、様々な種類がありますが、薬剤師はその薬の在庫管理や品質管理も行わなければなりません。 在庫が合わないと盗難や間違って渡した可能性も考えられますし、品質が損なわれていると、安全性や有効性に欠けてしまいます。 そのため、この医薬品管理も、とても重要な業務になるのです。